非対称ギヤの創成研削

今日の自動車製造におけるミッション開発は、出力密度の向上、ノイズ低減、エネルギー効率の上昇を目指しています。出力密度の向上は、設置スペースを維持又は縮小する一方で動力伝達の増加を意味します。

非対称ギヤで荷重ピークを緩和

実際には歯車のドライブ歯面とコースト歯面に均等に荷重がかかることはめったにありません。片方の駆動歯面により大きな荷重がかかる場合、非対称ギヤを使用することでかみ合いの最適化を図ることが可能となります。

このテーマについて詳しく知る: Generating gear grinding of asymmetrcial designs (Editorial article)