連続創成研削盤 RZ 60

遊星歯車製造の主力製品

RZ 60 研削盤はその生産性によって遊星歯車量産における業界標準となり、市場で最速の研削盤です。

 

安定した高性能

RZ 60 の設計原理はダブルスピンドル技術による非生産的ダウンタイムの徹底的削減と軸移動の並列化、スピンドルの短い反応時間、高速の切削速度に基いています。

堅牢な全体構造が、高度でコンスタントなワーク品質と非常に高い材料除去率を同時に可能にします。

RZ 60の各軸のオーバートラベル量は全体に渡り必要最小限に最適化され、ライスハウァー開発の電子ギアボックスが複数のNC軸の完璧な協調を制御し、全体の流れを並列化することで、ダウンタイムがほぼ完全に排除されます。

2個の歯合せセンサーにより、ワークスピンドルタレットの旋回中に歯車と砥石の同期を行います。10秒以下のサイクルタイムであっても、タレットの回転中に油切りを行うことが十分に可能です。更に、幅広の研削砥石と多条フルプロファイルロールにより非生産的なドレス時間を最小限に短縮します。

セットアップ時間の短さが機械のフレキシビリティを高めます。テールストックオプションにより、ディスク・タイプに加えてシャフト・タイプのワークも研削可能です。標準フル装備機はコンパクト構造により、容易に既存の製造ラインに組み込めます。

世界各地で顧客に利益をもたらし続けている数百台のRZ 60機こそが、まさしく、この研削盤の性能レベルの証明です。

作業領域
数値が下記の範囲から外れる場合はお問い合わせください。
ワーク直径
0 - 94 mm
モジュール範囲
1.0 - 4.0 mm
旋回角度(研削ヘッド)
± 48 mm
研削ストローク(最大)
180 mm
シャフト長(最大)
490 mm
ワーク回転数(最大)
3000 min⁻¹
ワーク重量(クランプライスハウァを含む)
30 kg
切削速度(最大)
100 m/s
砥石直径(最大)
275 mm
砥石幅
125 / 160 mm
ドレス工具直径
123 / 140 mm
ハードウェア・オプション(抜粋)
追加のワークスピンドル(C1軸 & C2軸)
CNCテールストック(W1軸 & W2軸)
各ワークスピンドルの歯合せプローブ
技術オプション(抜粋)
ポリッシュ研削
油切装置
ライスハウァーECOモード
制御
シーメンス Sinumerik 840D Solution Line
ライスハウァーPrecision Drive (電子ギアボックス)
ライスハウァー操作ソフトウェア
ローダーシステム
ライスハウァー研削盤は生産性が高いため、これに応じてオートメーション化の要求も高くなります。自社製のローダーシステムはこの要求を満たし、顧客固有のマテリアルフローに柔軟に対応します。