歯車の連続創成研削

表面品質と高精度の形状を同時に達成できるのは、研削だけです。

研削は金属切削方式であり、無数の切断部と高速加工により、非常に高い材料除去率、最高の表面品質、高精度の形状を達成します。この研削方式は硬い材料、たとえば浸炭焼入れされた歯車に特に適しており、ハードフィニッシュ加工と呼ばれます。

ライスハウァーの創成研削工程は多軸の高性能研削盤をベースとし、ドレス可能なセラミック結合の研削砥石により歯車を高品質かつ短いサイクルタイムで研削します。砥粒には、研削される歯車の焼入れ鋼より硬い溶融または焼結コランダムが使用されます。コンスタントなプロファイル精度と不変の研削砥石の切削性は機械に取り付けられた高精度のダイヤモンドドレス工具によって確保されます。

"連続創成研削の運動は、研削深さを決めるX軸切込、Z軸上下送り及び上下送りに合わせて微小に横方向へシフトさせるY軸からなる研削砥石の、螺旋状の回転運動であると言えます。
砥石がシフトすることで、砥石の同じ個所で研削することはなく、常に新鮮で切削力のある砥粒により材料除去率、歯面品質、形状保持を約束します。"

ローノイズシフト

ポリッシュ研削

ツイストコントロール研削