連続創成研削盤 RZ 160

自動車用トランスミッションをすべてカバー

自動車用トランスミッションに組み込まれるすべての歯車をカバーする機械

RZ 160創成研削盤はその生産性により、自動車用歯車製造における業界標準を形成しています。160 mm以下の直径の研削領域と0.5 - 4 mm のモジュール範囲により、自動車産業で使用されるディスク・タイプに加えてシャフト・タイプの歯車すべてをカバーします。

生産性とフレキシビリティ

自動車用トランスミッション歯車の量産という主要用途に加え、この機械は個別の試作ワークや小規模生産といったフレキシブルな使用にも適しています。このことは、プロファイル研削用の追加の研削ヘッド、ラインドレス、それにオプション「機上測定」を見れば明らかです。

安定した高性能

RZ 160の設計原理はダブルスピンドル技術、軸移動の並列化、全スピンドルのレスポンス性、及び高速の研削速度に基いています。

旋回式ドレス軸により、ライスハウァー開発の、ラインドレス、マルチリブフルプロファイルロールによるドレス、トポロジカルドレスといったすべてのドレス技術が使用可能です。

セットアップ時間の短さが機械のフレキシビリティを高めます。テールストックオプションにより、ディスク・タイプに加えてシャフト・タイプのワークも研削可能です。標準フル装備機はコンパクト構造により、容易に既存の製造ラインに組み込めます。操作方法は他の型式RZ 60とRZ 260と同じであり、RZ 60とRZ 260のオペレータはRZ 160を即座に高い生産性をもって使いこなすことができます。

世界各地で顧客に利益をもたらし続けている数百台のRZ 160機こそが、まさしく、この研削盤の性能の証明です。

作業領域
数値が下記の範囲から外れる場合はお問い合わせください。
ワーク直径
0 - 162 mm
モジュール範囲
0.5 - 4.0 mm
旋回角度(研削ヘッド)
± 48°
研削ストローク(最大)
180 mm
シャフト長(最大)
490 mm
ワーク回転数(最大)
3000 min⁻¹
ワーク重量(クランプライスハウァを含む)
30 kg
切削速度(最大)
100 m/s
砥石直径(最大)
275 mm
砥石幅
125 / 160 mm
ドレス工具直径
123 / 140 mm
ハードウェア・オプション(抜粋)
追加のワークスピンドル(C1軸 & C2軸)
旋回ドレス工具(C4軸)
CNCテールストック(W1軸 & W2軸)
小型砥石用のプロファイル研削ヘッド
歯車測定
技術オプション(抜粋)
ポリッシュ研削
トポロジカル研削(ツイストコントロール研削)
ラインドレス
テーパーギヤ(べべロイドギヤ)の研削
非インボリュート歯車の研削
プロファイル研削
油切装置
ライスハウァーECOモード
制御
シーメンス Sinumerik 840D Solution Line
ライスハウァーPrecision Drive (電子ギアボックス)
ライスハウァー操作ソフトウェア
ローダーシステム
ライスハウァー研削盤は生産性が高いため、これに応じてオートメーション化の要求も高くなります。自社製のローダーシステムはこの要求を満たし、顧客固有のマテリアルフローに柔軟に対応します。